当ブログ人気記事!
転職体験談
Laravelで学ぶWebアプリ開発
誰でも作れるチャットアプリ
未経験への勧め

【新卒1年目】大手SIer→Web系転職物語②(内定後〜入社〜配属)

就活

こんにちは、末っ子界No.1破天荒エンジニアSHOOTです!

私は新卒1年目にも関わらず、大手SIerからWeb系に転職しました。

「大企業特有の窮屈さ…考えの甘さ…希望通りいかなかった配属先…合わない上司…理想と現実のギャップ…」

転職を決断した経緯とともに、社会人1年目に経験した様々な苦悩を包み隠さず書きます。

「これから就活する方・している方」
「とにかく会社が嫌で、転職を考えている方」
「3年未満の転職に踏み切れない方」

上記に当てはまるような方は特に参考にしていただければと思います。

【新卒1年目】大手SIer→Web系転職物語①を読んでいない方はこちらからどうぞ!SIer内定までの経緯をまとめました。

スポンサーリンク

内定取得から卒業までの取り組み

インターン経由の内定者懇談会で、

「君たちは選ばれた者たちだ!」

と言われ、


「グローバルに活躍するSEに、俺はなる!!!!!!」


と心に決めたやる気MAXなSHOOTは、気がついたら卒業まで色々がんばっちゃっていました。


・基本情報技術者試験取得
・TOEIC915取得
・ガチな論文2本投稿
・国際学会で研究オーラルで発表(台湾1人で行ってきた)
・修士論文英語で提出







振り返ってみるとSHOOT結構すげええええええ!!!






っていうのは冗談で、笑

この時期の取り組み(頑張り?)が入社後の失望をより大きくしてしまったと思っています。

出会いの数だけ失望は増えるってやつですね。。。(全然違う)


一方で、就活を取り巻く環境には疑問を抱きました。


入社式当日

「今日から始まるんだ」

大きな希望を胸に迎えた入社式。

会場に着いた瞬間から違和感を感じました。

・びっしりと会場全体に整列されたスーツ姿の新入社員
・永遠と続く偉い人の講話
・繰り返し質問されるこの会社で成し遂げたい夢はなんですか?という問い
・新入社員が口にするまるで作られたような将来の夢…etc


なぜかわかりませんが、すごい窮屈さを感じたのを覚えています。


偉い人の自慢話には全く興味がないし、この会社限定で成し遂げたい夢なんてありません。

当然、自分がこうなりたいとかはありますけどね。


そして入社式後の懇親会。学校のように大勢の人がワイワイしてて、陰キャには辛かった。。。笑


それでも

「グローバルに活躍するSEに、俺はなる!!!!!!」

という野望を持っていたSHOOTは、我慢しました。

「良い職場に配属されれば、問題ない…」

と。

全体研修の3ヶ月

入社式が終わると3ヶ月ほどの研修所みたいなところで全体研修です。


雰囲気は大学というか高校みたいな感じでした。
クラスに分かれひたすら社会人基礎知識、ビジネス基礎知識、ITの基礎知識などが座学で詰め込まれます。

毎日定時あがりだったので、飲み会は毎週毎日のように開催され、土日も仲良い男女グループで出かける感じでした。

飲み会嫌いなSHOOTは、最初の1ヶ月以外誘いを全部断っていましたが。笑


スクール感に馴染めなかったものの、研修以外は自由な時間が多かったのが救い。
趣味のサッカー以外は、ひたすら英語読んだり、技術書やビジネス書を読みまくる生活でした。なんのためにでしょう?

全ては将来グローバルな人材になるため…?

待ちに待った配属面談

そうこうしているうちに配属面談を受け、ついに配属発表を迎えました。

この時のために、大組織の窮屈さ、形骸化された研修を我慢し、努力してきた。。。

この時のために、、、。


配属面談では、グローバルに働ける部署を自分なりに探して希望していました。

早期内定者かつ同期同部署内でNo.1のTOEICスコア保持者であるSHOOTは、
絶対に希望通りの部署に行ける(グローバルな仕事ができる)と思っていました。


同じ部署の同期が人事から1人1人配属部署が読み上げられていきます。


ドキドキ。。。






「次、SHOOT」





きた!






「配属は、XXXXXXXです。」


希望部署とは全く違う部署が呼ばれました。同期が少しざわつきます。


その後人事からの言葉が続きました。

「海外案件ありのところです。」




なんだー、そういうことかーーーー!!!!


SHOOTも他の同期も納得の表情。

人事の言うことを鵜呑みにして、ホッとしました。
これで、グローバルな人材になる第一歩だなっと。

配属!!!

希望を胸に迎えた配属の日。


「よくきてくれたねー!」

アットホームな部署に暖かく迎えられます。


するとすぐに自部署の紹介ありました。

「うちの部署は…」




部署紹介を全て聞き終わり、異変に気づきます。




「あれ、海外案件の話は…?」



蓋を開けたら、配属先の部署に海外案件なんて過去にも現在にも何もなかったのです。。。




絶望を感じました。


希望通りの部署に行けなかったショック。
人事に騙されたショック。
グローバルな部署に行けると自惚れていた自分へのショック。

内定を得てから、これまでしてきたことがどこかで崩れ去って空っぽになる感覚がしました。


「切り替えるしかない。。。」



自分に何度も何度も言い聞かせました。

そんな中、追い打ちをかけるような出来事が次々と起こります。

続きはこちら!

就活
スポンサーリンク
シェアする
SHOOTをフォローする
末っ子WebエンジニアSHOOTのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました