当ブログ人気記事!
転職体験談
Laravelで学ぶWebアプリ開発
誰でも作れるチャットアプリ
未経験への勧め

gradleでSpringBootアプリケーションをスクラッチ開発する方法

プログラミング

こんにちは、2019年4月からWeb系で働き始めました、

末っ子界No.1破天荒エンジニアのSHOOTです!

今回は、gradleというビルドツールを用いて、スクラッチでWebアプリケーションを作ってみました。

<開発環境>
・macOS Mojave version 10.14.3
・java version “1.8.0_201”

<前準備>
・JDK 1.8 もしくはそれ以上
・テキストエディタ


「とりあえず何でもいいからWebアプリケーションを作ってみたい」

「Spring使っているけど、どういう仕組みで動いているのかわからない」


という方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

gradleをインストールする

ターミナルを開き、以下のコマンドを実行。

brew install gradle


gradleとは、ビルドツールと呼ばれるものです。
アプリケーションが動作できるように色々準備してくれます。

必要なライブラリを持ってきたり、コンパイルしたり、静的解析したりといった定型作業をまとめてしてくれるのです。


※homebrewをインストールしていない人は、以下のコマンドを実行してインストールしてください。

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”



Homebrewとは、mac用のパッケージマネージャーです。

brew ~

とコマンドを打ち込めば色々なことできるようになるので、macの人はぜひ入れましょう。

もっと詳しく知りたい人はHomebrewのホームページにいってみてください!

ディレクトリとファイルを作成する

続いて、アプリケーションに必要なディレクトリーやファイルを作成していきます。

まず、好きなプロジェクト名(今回はgradle-springとした)のディレクトリーを作成し、
そのディレクトリーに移動。

mkdir gradle-spring && cd gradle-spring


プロジェクトディレクトリー直下に
ディレクトリー、ファイルを作成していく。

mkdir -p src/main/java/hello
touch HelloController.java
touch Application.java
touch build.gradle


ここまでのディレクトリー構成は以下のようになります。


Javaファイルとgradleファイルを編集していきます。

HelloController.java

package hello;

import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@RestController
public class HelloController {

    @RequestMapping("/")
    public String index() {
        return "Greetings from Spring Boot!";
    }

}


Springの特徴の一つとして、アノテーション(@が付いたもの)を用います。

@RestController
SpringBootは、このクラスがREST用コントローラーだと認識します。

@RequestMapping
URL(http://localhost:8080/)のリクエストを処理してくれます。
ここでは、文字列を返す。

Application.java

package hello;

import java.util.Arrays;

import org.springframework.boot.CommandLineRunner;
import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;
import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.annotation.Bean;

@SpringBootApplication
public class Application {

    public static void main(String[] args) {
        SpringApplication.run(Application.class, args);
    }

    @Bean
    public CommandLineRunner commandLineRunner(ApplicationContext ctx) {
        return args -> {

            System.out.println("Let's inspect the beans provided by Spring Boot:");

            String[] beanNames = ctx.getBeanDefinitionNames();
            Arrays.sort(beanNames);
            for (String beanName : beanNames) {
                System.out.println(beanName);
            }

        };
    }

}

メインメソッドで、Springアプリケーションを実行。

@Bean以下は、使用したアノテーションクラスをターミナルに標準出力する記述です。
なので、書かなくてもアプリケーションは動作します。

build.gradle

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:2.0.5.RELEASE")
    }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'org.springframework.boot'
apply plugin: 'io.spring.dependency-management'

bootJar {
    baseName = 'gradle-spring'
    version =  '0.1.0'
}

repositories {
    mavenCentral()
}

sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

dependencies {
    compile("org.springframework.boot:spring-boot-starter-web")
    testCompile("junit:junit")
}

ビルドするとき実行されるスクリプトです。
JavaやSpringの環境を整えたり、ライブラリやアノテーションクラスを取ってきてくれます。

bootJarのbaseNameは任意の名前を入れます。

アノテーションを追加したいときは、dependenciesの中に追記します。

ビルドする

ビルドを実行する前に、以下のコマンドを実行します。

gradle wrapper


これで、プロジェクトディレクトリ内にgradle関連ディレクトリが生成され、どんな環境でもgradleコマンドが使えるようになりました。


するとプロジェクトディレクトリ直下にgradlewというファイルができています。

以下のコマンドを使用して、ビルドします。

./gradlew build


BUILD SUCCESSFULと表示されたらビルド成功です。

実行する

以下のコマンドで、アプリケーションを実行します。

./gradlew bootRun


ちなみに、他のブログで頻繁に書かれている

./gradlew run


では実行できませんでした。以下のように怒られました。


「runというTaskはありません。gradlew tasksを実行して」

と書いてあるので、その通りコマンドを実行。

./gradlew tasks


Taskがたくさん出てきます。



bootRunならアプリケーション実行できそうだったので、bootRunを用いました。

ページを表示する

http://localhost:8080/ にアクセスすると以下のようなページが表示されます。






お疲れ様でした!

EclipseやSTSなどの統合開発環境を用いず、スクラッチでSpringアプリケーションを作りました。


JDKとターミナルがあれば作れるので、ぜひ気軽に作ってみてください!

プログラミング
スポンサーリンク
シェアする
SHOOTをフォローする
末っ子WebエンジニアSHOOTのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました