当ブログ人気記事!
転職体験談
Laravelで学ぶWebアプリ開発
誰でも作れるチャットアプリ
未経験への勧め

【実践Laravel】VuetifyでLaravel標準の登録画面をカスタマイズする

プログラミング

Laravel標準の登録画面をカスタマイズしたいんだけど、うまくできない!!

本記事はこういった悩みに対しての記事です!


この記事を書いている僕(@Shoot58153748)は、
2020年3月現在メガベンチャーの社内スタートアップの部署で
エンジニア(1年目)をしており、

プログラミング未経験からメガベンチャーへの転職を成功させた経験・ノウハウ
Webエンジニアになってから学んだこと

をブログにまとめています。




LaravelVuetifyを使う方法に関してはこちらの記事で解説しているので参考にしてください!
※アプリの環境設定はこちらの記事を踏襲しています。


今回は
vuetifyコンポーネントの使い方に重きを置いて
ツイート画面(Vueコンポーネント)を作っていきます。

学びポイントを以下にまとめました。
是非参考にしてください!

今回のポイント

  • Vuetifyで登録画面カスタマイズ
  • 落とし穴1(パスワードバリデーション)
  • 落とし穴2(CSRF対策)


ツイッター風SNSアプリ作成チュートリアル
https://kumatetsublog.com/laravel-tutorial-web-application

Github
https://github.com/Shuto-san/laravel-vue-docker

スポンサーリンク

Vuetifyで登録画面(コンポーネント)を実装

画面イメージ(Vuetify導入後)

実装(Vueコンポーネント)

最初に登録画面(コンポーネント)の全コードを載せます!

ファイル名:resouces/js/conponents/RegisterComponent.vue

Template部分

<template>
  <v-app>
    <v-content>
      <v-container
        class="fill-height"
        fluid
      >
        <v-row
          align="center"
          justify="center"
        >
          <v-col
            cols="12"
            sm="8"
            md="4"
          >
            <v-card class="elevation-12">
              <v-toolbar
                color="primary"
                dark
                flat
              >
                <v-toolbar-title>Register form</v-toolbar-title>
                <v-spacer />
              </v-toolbar>
              <v-card-text>
                <v-form>
                  <v-text-field
                    label="Name"
                    name="name"
                    prepend-icon="person"
                    type="text"
                    v-model="name"
                  />
                  <v-text-field
                    label="Email"
                    name="email"
                    prepend-icon="email"
                    type="email"
                    v-model="email"
                  />
                  <v-text-field
                    label="Password"
                    name="password"
                    prepend-icon="lock"
                    type="password"
                    v-model="password"
                  />
                  <v-text-field
                    label="Password Confirmation"
                    name="password_confirmation"
                    prepend-icon="lock"
                    type="password"
                    v-model="password_confirmation"
                  />
                </v-form>
              </v-card-text>
              <v-card-actions>
                <v-spacer />
                <v-btn @click="postRegister" color="primary">Register</v-btn>
              </v-card-actions>
            </v-card>
          </v-col>
        </v-row>
      </v-container>
    </v-content>
  </v-app>
</template>

SCRIPT部分

<script>
  export default {
    props: {
      source: String,
    },
    data () {
      return {
        name: "",
        email: "",
        password: "",
        password_confirmation: ""
      }
    },
    methods: {
        postRegister(){
            axios.post(window.location.origin + `/register`, {
                name: this.name,
                email: this.email,
                password: this.password,
                password_confirmation: this.password_confirmation
            })
            .then(response => {
                window.location.href = window.location.origin + `/tweet/index`;
            })
            .catch(error => {
                console.log("validation error");
            });
        }
    }
  }
</script>

画面設計

ログイン画面実装時と同じく、以下のような構成になっております。


ログイン画面と変わる部分は、v-card-textの中のv-text-fieldの数です。

ログイン画面は、

メールアドレス(email)
パスワード(password)

今回の登録画面は加えて、

名前(name)
パスワード確認(password_confirmation)

が必要です。特に最後の項目が抜けると僕のようにハマります。(以下詳細)

落とし穴ポイント1(バリデーション)

以下のエラーログに小一時間悩まされたので共有しておきます。

[2020-03-26 23:59:47] local.ERROR: Error occured : request_url=http://127.0.0.1:8000/register, errorMessage=The given data was invalid.

The given data was invalid…?


何だろうこれ、、、とか思いつつ、ブラウザのデベロッパーツールのNetworkを見ると、

/registerのPOSTに対して、
422 error



が返ってきていることを発見。

「Laravel 422エラー」みたいな感じで適当にググっていたら、
どうやらバリデーションに問題があるらしいということがわかりました。

以下がLaravel標準のバリデーション内容です。

    protected function validator(array $data)
    {
        return Validator::make($data, [
            'name' => ['required', 'string', 'max:255'],
            'email' => ['required', 'string', 'email', 'max:255', 'unique:users'],
            'password' => ['required', 'string', 'min:8', 'confirmed'],
        ]);
    }



どこのバリデーションに引っかかっているのか。。。

文字数は問題ないし、emailもユニークだし、、、

confirmedってなんだ??

Laravel標準の登録画面を見てみると、、、

password_confirmationという項目が!

バリデーションでconfirmを設定した場合、
XXXX_confirmationというフィールドを用意して、XXXX(パスワード)と一致する必要がありました!

僕は最初、name, email, passwordの3要素しか用意してなかったのでバリデーションにかかっていたのですね。

Laravel標準の登録画面をカスタマイズするときは、
パスワード確認のフィールドを忘れないようにしましょう。

落とし穴ポイント2(CSRF対策)

Laravelの標準機能であるCSRF対策が必要で、

以下のコードはCSRFトークンをaxiosのヘッダーに付与する処理です。

この処理がないとaxiosでポストする際にエラーになってしまうので、
コンポーネントを読み込むJSファイルに必ず含めましょう。

const token = document.head.querySelector('meta[name="csrf-token"]');

if (token) {
  window.axios.defaults.headers.common['X-CSRF-TOKEN'] = token.content;
} else {
  console.error('CSRF token not found');
}

まとめ

以上、Laravel×Vuetifyで登録画面をカスタマイズしました。

ログイン画面もそうですが、
Laravel標準のAuth機能は便利な分、カスタマイズに迷うことがあります。

今回紹介した落とし穴に注意して是非とも画面をカスタマイズしてみましょう!

最後に今回のポイントをまとめます。

ポイント

  • Vuetifyで登録画面カスタマイズ
  • 落とし穴1(パスワードバリデーション)
  • 落とし穴2(CSRF対策)


やっとWebアプリとして形になってきたので、
そろそろVPSにデプロイすることも考えています。

是非楽しみに待っていてください!

もし、こんな機能を実装してほしいというリクエストがあったら
連絡ください!

実装して皆さんに共有したいと思います。


それではまた!

プログラミング
スポンサーリンク
シェアする
SHOOTをフォローする
末っ子WebエンジニアSHOOTのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました